いろいろな離婚のパターン 夫が認知症の場合

いろいろな離婚のパターン 夫が認知症の場合

夫が認知症の場合に離婚ができるか

芸能人において、高齢の男性芸能人が、若い奥さんをもらうケースがあるようです。芸能人と一般人との違いはよくわかりませんが、芸能活動をしていると見た目にも体力的にも年齢以上の若さがあるのかもしれません。それに惹かれるのでしょう。芸能活動は、常に見られる仕事になります。そのための努力もされていると思います。ただ、あまり年齢差がある場合、高齢の配偶者が認知症などになることがあります。この時にどう思うかです。それまでのように生活をすることができればよいですが、話をしたりすることができなくなることもあります。場合によっては、自分が誰かがわからなくなることもあると言われます。その状態で婚姻関係を継続できるかです。

年齢が近いもの同士であれば、長年連れ添っていることもあって、お互いに最後まで看病などをしたいと考えることがあるようです。でも年齢差があったりすると、先のことも考えることになります。もし、夫が認知症になった場合に、それを理由に離婚をすることができるかです。そういった判例があるかです。こちらに関しては、判例としてはあります。認知症などにかかったために、相手のことがわからなくなり、婚姻関係が継続するのが難しい状態と認められました。配偶者との年齢差もあったことから、そちらの人の第二の人生についても考慮されたのかもしれません。ただし、相手が認知症になったからすぐに出来るわけではありません。相当の対応が必要になります。

相手は病気なのですから、その病気に対応できる状態を作る必要があります。何らかの施設であったり病院などにおいて、その人が生活することができるように手助けをする必要はあります。また、配偶者の方の親族の意見も重要になってきます。その後は親族が面倒をみる場合があります。それが受け入れてもらえるかになります。誠意を持って対応をすれば、話もわかってもらえることがあります。裁判をすればできるものと思わないようにします。

おすすめ情報

Copyright (C)2018いろいろな離婚のパターン 夫が認知症の場合.All rights reserved.